2013年11月30日

怒られそうなタイミングで意外なプロポーズ

怒られそうなタイミングで意外なプロポーズ

どんなに大事にしていても、人間はときとして物をなくしてしまうことがあります。

失くした物が彼からもらった大切なプレゼントだとすれば、本人もとてもショックでしょうね。

「あんな大切なものをなくして、彼に怒られるかも・・・」

と思っていたのに?


記念日に買ってもらった大事な指輪。

先日、その指輪をなくしてしまった。

どんなに探しても見つからなく、彼に謝ったら、

「いいよ、別に。どんなに大切にしてたか知ってるし。その気持ちで充分あの指輪の役割を果たしてたよ。
それに、婚約指輪をそろそろ贈ろうかとしてたから、丁度いいよ。」

って言ってくれた時。

感動的なプロポーズでした。


意外なところからのプロポーズでしたね^^

凝った演出も素敵ですが、さりげなくというのも感動的ですね(*^_^*)
posted by アフロディーテ at 15:13 | 恋愛の感動
2013年11月24日

大好きな恋人からの感動の言葉

大好きな恋人からの感動の言葉

つらい時にこそ、必死に支えてくれる恋人は素敵です。
言葉でなく、行動で示してくれる人こそ大切にしなければなりませんね(^^)


親父がサラ金で借金つくって逃げた。

遠の昔に別居していた母さんと住む事になった。

友達にも母さんにも明るく振る舞ってるけど正直まいってる。


あんたは強い子やなとか言っとるけどずっと一緒に暮らしよった親父やぞ!!と言いたいけど言えるわけもなく。

彼女に当たってしまいました……

いつものようにまた喧嘩かなと思いました。


でもそいつは

私でよかったら支えちゃるし助けてあげる。

でもあんたはお母さんの支えになってあげないかんやろ?

がんばろうや。

辛いことあったら私が支えになっちゃるし聞いてあげるきん。

がんばろ?


俺の片想いから必死にアプローチで付き合ってくれた彼女の言葉です。

馬鹿みたいに泣いてしまいました。


とっても素敵な彼女さん。
その後、どうなったのでしょうか?
お二人が前向きに頑張っていることを願っています(*^^)
posted by アフロディーテ at 14:06 | 恋愛の感動

恋愛の感動する話・ディズニーランドが結びつけた二人の絆

恋愛の感動する話・ディズニーランドが結んだ二人の絆

行きたくても行けなかった特別な場所。
そんな場所で、恋が芽生えてしまうことがあるのかもしれません。
そんな素敵なお話。


25年間、ずっとずっとTDLに行きたいと思っていたのに、中々いけなかった。

親は遊園地なんて連れてってくれる親じゃなかったし、それまでの彼氏はみな「混んでるから行きたくない」
とか「いつか連れてくよ〜」と言われたが、行けなかった。

そんなこんなで25年の月日が流れ、会社でフとそんな話をした。

すると当時新入社員だった男の子が(私は古株事務員)

「俺も行った事ないんで、いきましょう!」と誘ってくれた。

細かく日時まで決めてくれて、パスポートまで(前売りかな?)を探してくれたみたいだが、

丁度お盆だったので、とれなかった様子。

「また今度でいいよ?」と言うと「じゃ、とりあえず入れなくてもいいから行ってみましょう」

と言ってくれた。

ずっとずっと夢みてきたTDL。前日の夜は一睡も出来なかった。


関東のとある県から朝6時に出発。高速でいけばいいのに、何故か一般道路で行ってしまった。

その上、なんだか道に迷ってしまって、TDLにやっと着いたのが午後3時を過ぎていた。

入場制限があり、次に入場出来るのは午後5時から、とのこと。

でも初めてのTDLに、入り口だけで感動してた。

やっと中に入ると、まさに夢の世界。すごく長い待ち時間も、全然苦にならない。

一緒に行ってくれた会社の男の子も、待ち時間を嫌がらずに、一緒に楽しんでくれた。


そして何故かパスポート入れを一生懸命探したけれど、全然みつからず、手に持って

歩いていたら、やっぱり私が落とした。けれど後一時間くらいで閉園の時間だったので

どこのキャストさんも「いいですよ〜〜」と笑顔で通してくれた。


長くなりましたが、その会社の子はTDLに行った数ヵ月後、彼氏になりました。

今では二人のものすごくいい思い出です。初めて一緒に行った人が彼で良かった。

そして、本当に夢の世界にきたみたいで、混んでいたのに嫌な思いを一つもしないで、いい思い出をくれたTDLの方々。ありがとう。


後輩男子だった子の優しさ。
ディズニーランドでデートすると別れてしまうという都市伝説がある一方で、こんなに素敵なお話もあるのですね(^^)
posted by アフロディーテ at 13:21 | 恋愛の感動