2016年05月02日

彼女が看護師の道に進んだきっかけ

彼女が看護師の道に進んだきっかけ

ある高校生男子の恋愛の話です。

とても素敵な彼女さんが出てくるいい話です。


僕が高校生の時の話、ある女の子と付き合う事になった。中学の頃から何度か女の子に告られることはあったけど、それまで一度も女の子と付き合ったことは無かった。

別に相手の女の子がタイプじゃないとか、興味が無いとかそう言う事じゃ無く、ただ怖かったから。

女の子を笑顔にさせる自信も無かったけど、一番の理由は自分の持っている病気でみっともない姿を見られる事が怖かった。

病名は癲癇(てんかん)。最近、世間を騒がせた例の病気。

僕は今まで自分の病気を他人に隠したりした事は無い………。

でも、発作が起こる時は少しの前兆。その直後、意識を失ってしまう。

たいてい目が覚めた時は、病院のベッドの上で色んな人に上から覗かれながら目が覚める。

口の中は軽い怪我をしていて鉄の味がする。全身は脱力状態でしばらくは立ち上がる事も出来ない。

そして、若干の放尿。発作が起きた場所や状況によって、体のどこかに打身や怪我をしている。

こんな姿、彼女になってくれた人に絶対見られたくなかった。

高校生の最後の年、ある女の子が僕の事を好きでいてくれてる事を知った。

多感な年頃って事もあり、何となく自分でもこのままじゃいけない。

学生の内に一度くらい女の子と付き合ってみたい。

そんな焦りに近い感情から、好きでも無いその女の子に告白をしました(卑怯者です)。

勿論、自分の持っている病気の事も打ち明けて、それでも構わないと言ってくれたので付き合う事になりました。

付き合い始めて3日目、彼女は僕の病気を調べて、ほぼ把握してくれていました。

まだネットも無い時代で、かなり大きな本屋にでも行かないと置いていない、ぶ厚い専門書くらいにしか病気の事が記されて無かった様な頃に。

何故…? なんで……?? どうやって調べた………???

彼女の母親は、市内でも結構大きな病院の外科看護婦長さんでした。

母から専門書を借りて、教わりながら調べてきてくれていました。

付き合い始めてみると情が移ると言いますが、その通り、付き合う内に僕は彼女にぞっこん状態になっていきました。

進学の年です。彼女も僕も進学をどうするか考え、よく話し合っていました。

僕は、ほぼ決まっていたのですが、彼女は少しの間悩んでいました。

僕の為に、看護婦になる道を選択したいと考えてくれていたようでした。

しかし、彼女の母親が看護婦で大変な仕事である事を知っていて、今まで母と同じ道を選びたくは無いと常々考えていた為、悩んでいました。

でも、悩んでいたのも束の間。看護婦の道を決断してくれました。こんな僕の為に…。

僕はデザイナーになるべく専門学校へ。彼女は看護学校へ進学が決まり。程なくして自然消滅的に分かれてしまいましたが、その後も時々、連絡を取り合っています。

今では彼女も立派な看護婦さんとなっています。勿論、僕もデザイナーとして日夜頑張る日々を送っています。

高校生の頃の淡い淡い思い出です。


彼氏の病気を受け入れるだけではなく、もっと病気を理解したいと、看護師にまでなってしまうなんて、なかなかできることじゃありません。

とても素敵な女性ですね^^
posted by アフロディーテ at 03:01 | 恋愛の感動
2014年02月01日

20代夫婦の愛情がわかる話 快気祝い

20代夫婦の愛情がわかる話 快気祝い

カップルでも夫婦でも、パートナーが病気や事故で入院してしまったら、気が気じゃないくらい心配になりますよね。

相手を心配するのは、愛情あってこそ。

今回は、はたから見ていても愛情が伝わってくるかのようなご夫婦の話^^


病院の入院患者病棟のロビーで見た、20代くらいのカップルか夫婦。

女性が「ありがとうございました」と先生と看護師さんたちに挨拶してた。

その隣の大きいボストンバッグ片手の男性も「大変お世話になりまして・・・」みたいな感じで二人で一頻りペコペコしたあと、玄関口に向かって歩いてきた。

私の前を通り過ぎるときに聞こえたのが。

男性「腹減ったなー?あっ寿司食いに行こ。今晩快気祝いしてよ」

女性「いいねー・・・私すごくビール呑みたい」

とかで会話が完全に普段モードっぽかったww

そのまま玄関口まで出たところで、女性の方がしゃがみ込んでしまった。

何事かと思ってそのまま見てたら、どうやら泣いてるようだった。

男性はやれやれみたいな感じで女性を引っ張り起こし、背中をさすりながらタクシー乗り場へゆっくり歩いて行きました。

彼女、きっとすごく心配してたんだろうなぁ。

幸せになってほしい。


奥さんのやさしさが伝わってくるようで、感動してしまいますね(*^_^*)

私も、このご夫婦に幸せになってもらいたいと願います☆
posted by アフロディーテ at 12:00 | 恋愛の感動
2013年12月03日

良い恋人は人生の宝物かもしれません

良い恋人は人生の宝物かもしれません

このお話を読んでいて、「良い恋人は人生の宝物かもしれないな」と思ってしまいました。

素敵な恋人って、中々巡り合えるものではありません。

巡り合えたら、大切にしなくては罰が当たりますね^^


ちょっと身内の恥でもある話なんだが…

姉が出来婚することになった。

しかも相手は高卒で収入も姉の半分しかない典型的なDQN。

家に結婚の挨拶に来たときはジーパンとTシャツ、手土産なし、最初からあぐらかいて座るというひどさで、付き合い始めた時から家族親族揃って大反対してた。

だけど姉が妊娠したというので、おろすわけにもいかないからと両親は渋々結婚を許した。

俺は、弟としても賛成できないし、何より毎晩母が泣き、父がヤケ酒飲む状態が辛くて、彼女によく愚痴を聞いてもらっていた。

結婚式が近付いた時、相変わらず「出たくねー」とグチってた俺に、彼女が「ちょっと渡したいものがあるんだけど」と言い出した。

で、出してきてくれたもの。

リングピロー、新郎新婦をかたどったぬいぐるみ(ちゃんとタキシードとドレス着てた)

テーブルに飾る花(これも手作り)、入り口に飾るプレート、あと他にもいろいろあった。

「どうせ誰も祝ってくれないし、呼ぶのも家族だけだから」って、何も準備せずにいた姉を気づかって彼女が作ってくれていた。

「お姉さんも何か考えてるかもしれないから無理に使わなくてもいいの。でも本当に○くんの言うように何も準備してないならあまりにも寂しいかなって思って。 使えそうなら使って。さしでがましいことしてごめん」

「あんな姉貴にここまでしてやることないんだよ」とつい言ってしまったら

「でも○くんの大事なお姉さんじゃん。結婚は大切な思い出に残ることだから」

「○くんは今怒ってるしお母さんたちのことも心配だし、冷静じゃないんだよ。何年かたって思い出したとき、お姉さんの式寂しかったな、もっと何とかしてあげればよかったな、って後悔するの分かってるもん。○くん、優しいし、お姉さんとも仲良かったんだから」

って言ってくれた。

彼女の優しさに泣いてしまった。

姉にそれを渡したら、姉も泣いてた。

最高の彼女です。


本当に最高の彼女さんです。

お姉さん、大喜びしたでしょうね。

最高の思い出ができたのではないでしょうか(*^_^*)
posted by アフロディーテ at 17:07 | 恋愛の感動