とても悲しい恋愛の実話 彼女の死と手紙
2015年12月16日

とても悲しい恋愛の実話 彼女の死と手紙

とても悲しい恋愛の実話 彼女の死と手紙

たとえば、自分にとって一番大事な人を失ってしまった人は、その後立ち直れるのでしょうか?

今回はそんな悲しいお話です。


昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。

そしたらなんか通夜が終わって病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛に手紙が入ってたんです。



で、よく見たらなんか「わたしの人生は普通の人よりも短かった、だけど〇〇君と一緒に過ごせたことで普通の人よりもずっと幸せな日々を送れた」、とか書いてあるんです。 もうね、アホかと。馬鹿かと。



お前な、そんなこといまさら言ってんじゃねーよ、ボケが。死んだ後だよ、もうお前いねぇんだよ。

なんか最後の方はろくに起き上がれもしなかったくせに。弱々しい字で必死で書いてたのか。おめでてーな。

よーし〇〇君のことずっと見守ってるぞー、とか書いてるの。もう見てらんない。



お前な、俺だってまだ言いたいこと沢山あったんだから生き返ってこいと。

愛の言葉ってのはな、もっと生きてるうちに伝えるべきなんだよ。



初めて出会った頃みたいにドギマギして恥ずかしさの余りいつ心臓が破裂してもおかしくない、言おうか言わざるべきか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。今になってこんな事言い出すやつは、すっこんでろ。



で、やっと涙堪えながら読み終わったと思ったら、最後の方に、「わたしの事は忘れて他の人と幸せになって欲しい」、とか書いてあるんです。 そこでまたぶち切れですよ。



あのな、俺はお前がホントに死んだなんて信じらんねーんだよ。ボケが。 得意げな顔して何が、見守ってる、だ。

お前は本当にこの世にいないのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。



お前、これは全部タチの悪い夢でホントはどっかで生きてるんちゃうんかと。

独り残された俺から言わせてもらえば今、お前に対してできる供養はやっぱり、 お前の事を忘れないこと、これだね。

たとえジジイになってボケたとしても。これが俺の生き方。



お前との思い出ってのは俺には辛すぎる。そん代わり忘れない。これ。 で、それにお前の事をずっと想い続ける。これ最強。

しかしこれを貫くと次から恋人が2度と出来ないかもしれないという危険も伴う、諸刃の剣。 軟弱者にはお薦め出来ない。

まあお前みたいな寂しがりやは、俺がいつかそっちに行くまで待ってなさいってこった。


この彼氏さんは、その後どうしているのでしょうか?

とても気になりますね。

こんなことが現実に起こったら、悲しみと忘れられない思い出に押しつぶされて、本当に恋ができなくなりそうです。
posted by アフロディーテ at 21:44 | 切ないストーリー