20代夫婦の愛情がわかる話 快気祝い
2014年02月01日

20代夫婦の愛情がわかる話 快気祝い

20代夫婦の愛情がわかる話 快気祝い

カップルでも夫婦でも、パートナーが病気や事故で入院してしまったら、気が気じゃないくらい心配になりますよね。

相手を心配するのは、愛情あってこそ。

今回は、はたから見ていても愛情が伝わってくるかのようなご夫婦の話^^


病院の入院患者病棟のロビーで見た、20代くらいのカップルか夫婦。

女性が「ありがとうございました」と先生と看護師さんたちに挨拶してた。

その隣の大きいボストンバッグ片手の男性も「大変お世話になりまして・・・」みたいな感じで二人で一頻りペコペコしたあと、玄関口に向かって歩いてきた。

私の前を通り過ぎるときに聞こえたのが。

男性「腹減ったなー?あっ寿司食いに行こ。今晩快気祝いしてよ」

女性「いいねー・・・私すごくビール呑みたい」

とかで会話が完全に普段モードっぽかったww

そのまま玄関口まで出たところで、女性の方がしゃがみ込んでしまった。

何事かと思ってそのまま見てたら、どうやら泣いてるようだった。

男性はやれやれみたいな感じで女性を引っ張り起こし、背中をさすりながらタクシー乗り場へゆっくり歩いて行きました。

彼女、きっとすごく心配してたんだろうなぁ。

幸せになってほしい。


奥さんのやさしさが伝わってくるようで、感動してしまいますね(*^_^*)

私も、このご夫婦に幸せになってもらいたいと願います☆
posted by アフロディーテ at 12:00 | 恋愛の感動