他界した祖母が天国から結婚おめでとう
2013年12月03日

他界した祖母が天国から結婚おめでとう

他界した祖母が天国から結婚おめでとう

一番お祝いしてほしい人が、一番「おめでとう」と言ってほしい人が、もうこの世にはいないとすれば、それはとても悲しい事ですね。

でも、もしその人が夢に出てきてくれて、「おめでとう」と言ってくれたらどんなに嬉しいでしょうか。


私の姉(友子)が結婚したときの話です。

引越しが終わって何日かしたときの夜、姉は寝て夢をみていました。

姉は見たこともない山を一人でのぼっていました。

真中ぐらいまでいったとき、姉の前に3年前に他界した祖母がたっていました。

祖母は「友ちゃん、おめでとう」といいました。

姉はそのとき、「あっ、結婚のことか」と思い、「ありがと〜おばあちゃぁん!」と言って抱きついて泣いたそうです。

祖母は姉を励ましてあげたりして、姉は山をまた登り始め、そこで目が覚めました。

起きたら泣いていたそうです。

私と母で姉の家に遊びに言ったときに聞いた話です。

母は「いい夢見たね。きっとおばあちゃんが心配して出てきてくれただよ」と言っていました。

いい話だなぁと思いながら私は聞いていましたが、私は祖母に懐けなかったので、私のときはそういうことはないだろう、とちょっぴり寂しい感じもしました。

長文失礼致しました。


見たこともない山を登っていたところに、天国にいるはずのお婆ちゃんが現れる。

これは本当に、お婆ちゃんがお祝いを言いに来てくれたのかもしれませんね(*^_^*)
posted by アフロディーテ at 16:44 | 夢のある話