好きな人には膝枕してあげたい女心
2013年11月28日

好きな人には膝枕してあげたい女心

好きな人には膝枕してあげたい女心

同じ行為をされても、相手男性によってセクハラに感じたり、はたまた嬉しかったり。

女心は複雑ですね。

好きな人に頭叩かれたら嬉しいのに、好きじゃない人だと無性に腹が立ったりして(笑)


昔、飲み会があるといつも膝枕して貰う子がいたんだ。

こっちも頼む訳でもなく、フラっとして貰う感じで向こうも嫌がるでもなく、俺を膝枕しつつ他の奴らと飲んでる、みたいな。

別に付き合ってる訳でもなかった、単なる会社の同僚。

可愛かったけど。


んでセクハラって言葉が世間に広まりだした頃、俺も上司から

「あんまり宴会で破目外すなよ。」

ってサラッと言われたんだ。

すぐに

「あ、あの子本当は嫌だったんだな・・・。」

ってちょっと凹んだ。

上司に相談って事は、セクハラオヤジとかと同レベルで嫌われてたのかってさ。


んで宴会で膝枕しなくなってしばらくして、一人で年末に休日出勤してた時、たまたまその子が会社にやってきたんだ。


どうも昨日貰ったカレンダーを忘れてたらしい。

社会人だし、例の事件からも特にヨソヨソしくはならなかったんだけど、やっぱり二人っきりだと気まずい、というか会話しづらい。

結局ちょっと最初に挨拶しただけ。


んで、カレンダー取ったからもう帰るのかと思ったら、こっちに来たんだ。

なんか用か?とは思いつつも、こちらからは話しかけずにパソ見てたら

「あのさ・・・。」

って話しかけてくる。

「何?」

ってこっちも普通に返すと、

「最近、膝枕、してこないよね?」

って言ってきた。

「嫌がってるのはお前だろ。」

って思いつつも

「いやwセクハラ話題になってるしwww」

とか返すと、営業所内の喫煙エリアにあったソファーの方いって座って、膝をポンポンって。

「何やってんのwww?」

って返したら

「おいで。」

って。

それが今の嫁さん。


プチ胸キュンですね^^

セクハラという問題も、相手に好意があれば問題じゃないのです。

最後に結婚したのが、この話の素敵な部分ですね(*^_^*)
posted by アフロディーテ at 13:30 | キュンキュンする話